恋愛


アイコンタクトが苦手なら、まばたきを数えて印象アップ

人と話すときは「相手の目を見て話すといい」とよく言われます。実際に視線を交わす回数が多くなるほど、互いの親近感が高まるのです。仕事のお付き合いやプライベートの人間関係がうまくいってる人ほど、アイコンタクトに抵抗を感じない人が多いのも事実です。

アイコンタクトをする女性

 

これを心理学では「アイコンタクトの原理」呼びます。目を見つめる回数と、見つめてくれた人への好感度が比例することは、心理学でも証明されています。 (さらに…)

笑うときは声を出し、楽しさをアピールすると好かれる

笑顔が多い人は他人から好かれます。笑顔が嫌いな人はいないのです。生後間もない赤ちゃんに笑った顔の似顔絵と、怒った顔の似顔絵を見せると、笑った顔の似顔絵に興味を示すそうです。私たちが笑顔に好意を抱くのは、生まれながらに備わった本能といえるでしょう。

笑うときは声を出そう

笑顔なのにあまり人から好かれないと感じるなら、それは笑顔がうそ臭いからかもしれません。うその笑顔には下心を感じるので、人は離れていきます。もしあなたが「うその笑顔が見抜かれている」と不安なら、きちんと声を出して笑うことをオススメします。声で本物の笑いだとアピールするのです。

ある心理学者が、幼稚園児を対象に、笑い方の違いとその影響に関する実験を行っています。その結果、声を出さずに口角だけを上げて笑う子よりも、実際に声を出し口を大きく開けて笑う子の方が、仲間に受け入れられやすく、リーダーシップも取れるようになると結論付けています。幼稚園児を対象にした実験ですが、大人も変わらないでしょう。

表情だけの笑顔は、上手にやらないと不自然です。笑うとたいてい自然に声が出てきます。声を殺した笑いは、往々にして、楽しい気持ちが伝わってこず、うそくささを感じます。声を出した笑い方なら、喜びが耳でも確認できます。笑い声を聞いた人は自然と楽しい気分になるのです。

笑い声は大きいほうが良いです。周りに迷惑なのはダメですが、許されるなら、大きな声で「あはははははは~」と笑ってみましょう。あなたの楽しい雰囲気は伝染し、周りを笑顔にするでしょう。その場の主役にさえなれます。

初対面だと緊張しがちな人も、どちらかが大声を出して笑うことで、互いの気持ちも一気にほぐれます。なごやかな雰囲気を作るのにも効果的です。

正直者は損をする。うそをついて人気者になろう。

小さいころに「うそはついてはいけません」と教育を受けた人がほとんどでしょう。表向きはそうなのですが、大人になると正直者は損をします。現実社会では、上手に嘘をつける人が人気者になり、仕事でも成功します。

傷つけるうそは謹んで

99%の人は、日常会話の中で真実を知りたいなどと思っていません。だからなんでもかんでも正直に話すことは、相手の期待を裏切ることになります。

正直に話をするとろくな結果を生まないことが多いのです。たとえば次の会話です。

相手 「この服似合ってるかな?」
あなた「う~ん、微妙かな~」

相手 「今日は招待してくれてありがとう、また今度遊びに来るね。」
あなた「頻繁にこられるとちょっと迷惑かな・・・」

ご想像通り、このあとの2人の関係はギクシャクです。嫌われたいなら本音はどんどん言ってかまいませんが、たいていの人はよりよい人間関係を築きたいはずです。それなら、ちょっとだけうそをつきましょう。

相手 「この服似合ってるかな?」
あなた「うん、すごくかわいいよ~」

相手 「今日は招待してくれてありがとう、また今度遊びに来るね。」
あなた「ぜひ、また来てね。」

このように、ちょっとのうそで人間関係が壊れなくなります。うそは相手を喜ばせるためには、使っても差し支えないのです。

実際のところ、仕事以外の会話には、相手の本音を求めている質問などあまりありません。なんとなくした質問ですから、深い意味などないのです。正直に答えて、人間関係が気まずくなるようなら、うそを言ったほうがお互いのためになります。

心理学の実験でも、小さなうそをつける人ほど、仲間やチームの中で人気者になれるという結果が出ています。目的のないおしゃべりでは、うそは相手を喜ばす強力な武器になるのです。

上手にうそをつく能力を身につけましょう。本音しか言えないと、社会生活はうまくいきません。すでにあなたの周りにはうそが氾濫しています。「あそこのランチおいしかったね」と同意を求められたら、「普通の味」であっても「おいしかった」と言いましょう。もしかしたら、相手も「普通の味」と思ってるかもしれません。それでも「おいしい」と言ってるのは、あなたと楽しいおしゃべりがしたいからなのです。

7 / 7« 先頭...34567