目が大きい人、小さい人、一重まぶたか二重まぶたかで性格を見抜く

目の大きさ、一重まぶたか二重まぶたかである程度の性格を見抜けます。

目が大きい人、小さい人、一重まぶたか二重まぶたかで性格を見抜く

あくまで私の主観、というか勝手な決め付けも多数含まれます。「あえて外見で性格を判断するならこうかな」という感じです。でも共感できるポイントもきっと多いはずです。

・目が大きい人のほうが、気持ちを推測しやすく素直に感じられる

 
瞳孔は暗いところでは大きくなり、明るいところでは小さくなります。こうやって目に入る光の量を調整します。また自分に興味のあるものを見たときほど(たとえば異性のヌードなど)瞳孔は開くことが分かっています。相手の目を見れば、その人が本当に楽しんでいるか、退屈しているのかが分かるのです。

人は目の大きい人に魅力を感じる傾向があります。だから俳優や女優は総じて、大きいのです。目を使った感情表現も豊かで、気持ちがオープンな感じを受けるので明るい印象も受けます。逆に目が小さい人は考えてることが目から読み取れにくい、話しかけづらいきらいがあります。目が大きい人のほうが、素直に感じられるわけです。

目が大きい人は他人に親しみやすさを与えるので、声をかけられやすく自然と明るく社交的になります。目が小さいと気持ちが読み取れないため、声をかけられづらくなります。だから人と仲良くなるのに時間がかかる傾向です。目が小さいが、明るく親しみやすい性格の人は、社交的テクニックを身につけた努力家と読むこともできます。交渉ごとは心を読まれにくい瞳の小さい人が有利ともいわれます。
 
 
 
・二重まぶたの人は飽きっぽい、一重まぶたの人は裏切らない

 
「目が大きくて二重」がよく言われる美男美女の目の条件です。目が大きい方が表情が豊かになり、親しみやすさを感じるからです。一重まぶただと露出している瞳の面積が小さくなるため、他人から心が読み取れにくくなります。こちらの心が分からなければ、相手も心は開いてくれないので、慎重な性格になりやすいでしょう。二重の人は逆で、気軽な性格です。一重まぶたより二重まぶたの人をデートに誘ったほうが、OKしてもらえる可能性は高いかもしれません。

先入観でみんなに愛されやすいのは二重の人です。まわりから声もかけられやすく、オープンな性格になるやすいようです。そのため、イイと思うものには気軽に飛びつきます。しかし気が多くなる分、あきっぽくもなります。目移りしやすい飽きっぽい性格ともいえます。一重の人はじっくり考えて、納得した上で踏み切ります。一度仲良くなってしまえば、裏切ることは少ないでしょう。