鼻の高さ、鼻の穴の大きさ、鼻の下が伸びているかで性格を見抜く

鼻の高さ、鼻の穴の大きさ、鼻の下が伸びているかで、ある程度の性格を見抜けます。

鼻の高さ、鼻の穴の大きさ、鼻の下が伸びているかで性格を見抜く

あくまで私の主観、というか勝手な決め付けも多数含まれます。「あえて外見で性格を判断するならこうかな」という感じです。でも共感できるポイントもきっと多いはずです。
 
 
・鼻が高い人は自己主張が激しいイメージ、鼻が低い人は目上の人に助けてもらいやすい
 
鼻が高い人ほど、自信家に見えます。顔の大きさと同じで大きい人ほど「自己主張が激しい人」とイメージされやすいです。逆に鼻の小さい人ほど、消極的な人のイメージをまわりに与えます。日本の社会ではでしゃばる人より控えめな人のほうが、目上の人に好かれたりします。だから、鼻が小さい人ほど周りに助けてもらいやすいのです。交渉ごとなど押しが必要な仕事には、鼻が大きい人が向いています。鼻の大きさだけで手ごわそうな印象を相手に与えて、闘争心を奪うことができるでしょう。
 
 
 
・鼻の穴が大きい人ほど正直者
 
ほめられたり緊張したり、気持ちが動くと鼻が穴がピクピクする人がいます。これは、鼻の穴が大きい人ほどわかりやすくなります。鼻の穴が大きい人は、気持ちを隠すのが下手と言えるでしょう。逆に鼻の穴が小さい人は、嘘がうまいといえます。
 
 
 
・鼻の下を伸ばすと親しみやすい人になる
 
異性にデレデレしたときの表情を「鼻の下を伸ばす」といいます。実際にスケベ心が出てしまう、顔のしまりが悪くなり、上唇が下がった状態になるのです。だからこんな人を見ると、周りの人は「スケベ」と思うと同時に「幸せそう」とも感じます。逆に不満がある人は、口をすぼめて文句を言っているイメージで、鼻の下は狭くなっています。鼻の下が狭い人より、広く伸びている人のほうが親しみやすい人の印象です。