口の大きさ、唇の厚さ、口がしまっているかどうかで性格を見抜く

口の大きさ、唇の厚さ、口がしまっているかどうかで、ある程度の性格を見抜けます。

口の大きさ、唇の厚さ、口がしまっているかどうかで性格を見抜く

あくまで私の主観、というか勝手な決め付けも多数含まれます。「あえて外見で性格を判断するならこうかな」という感じです。でも共感できるポイントもきっと多いはずです。
 
 
 
・大きな口の人は積極的、おちょぼ口の人は積極的なイメージ
 
口が大きい人は「元気そう」「明るそう」「よくしゃべりそう」というイメージをもたれます。周りからは積極的な行動派タイプと思われているようです。逆に口の小さいおちょぼ口人間は消極的で口数の少ない印象を与えます。
 
 
 
・唇が厚い人の方が甘えられやすい
唇が厚い人の周りからの印象は「情熱的で愛情深い」です。「エロい」と感じる人もいるようです。唇の厚さはセックスアピールになり、本能で「キスしたい」と思う人もたくさんいます。愛情の量が豊富に見られるので、年下から甘えられやすい人でもあります。逆に薄い唇には愛情の深さは感じません。「クールで理性的」と見られるでしょう。
 
 
 
・口が締まっているか開いているかでだらしのなさが分かる
 
「しまりが悪い」という言葉どおり、口が開いている人はだらしのない印象を周りに与えます。だから信用されにくいし、異性からもモテません。口が締まっている人は、強い意志があり自分をしっかりと持っているイメージです。だから信頼感があり、頼られます。緊張感を持って仕事をし、生活をしていれば普通は口元が締まってきます。口が半開きになっている人は、気を引き締め直した生活を送ると、口が締まってきてかっこよくなるでしょう。