メガネをかければ弱気な性格の人も強気に変身できる

テーマーパークにはぬいぐるみを着たスタッフがいます。

メガネをかければ弱気な性格の人も強気に変身できる
もし中に入ってるスタッフが日頃から内気な性格だったらどうでしょうか?子供たちと上手に接することができないのでは、と思われるかもしれません。しかしそうではないようです。ぬいぐるみを着ることでそのキャラを演じられ、積極的に子供たちと接することができます。着ぐるみ無しでは女性を目の前にしただけで赤面するような男性も、堂々とふるまえるようになるのです。

人は見た目を変身させることで性格も変えることができます。弱気な人が強気になるには着ぐるみを着るのが効果的ですが、現実的ではありません。そこでオススメなのが、メガネをかけることです。

メガネはテレビの探偵やスパイ映画の主人公が変装道具としてよく用います。自分自身を変身させて、日常とは違った自分を演じるためです。ノーメイクの女性が人前に出るのを恥ずかしがることからもわかるように、顔の見た目を変えれば積極性も変わってきます。

だから日常生活や、仕事で日常業務をこなすときは裸眼でもコンタクトでもいいですが、勝負デートのときや大事な交渉の場面ではメガネをかけるのも戦略の一つとして検討してはどうでしょうか。普段からメガネをかけている人は大事なとき用の「勝負メガネ」を用意しておくといいでしょう。普段と違うメガネにすることで変身効果は高まります。違った自分になることができ、強気になれるのです。

おまけにメガネをかけると、他人に与えるイメージも変わってきます。「知的」に見えるのです。だから交渉の場面ではより有利になるでしょう。

たかがメガネですが、それだけで自分の気持ちも他人が抱く印象もずいぶん変わってきます。簡単な方法なので、ここぞというときはぜひオススメです。