多くの人に愛されたいなら、標準体重に近づけよう

基本的に太ってる人はモテません。異性に対してだけでなく、同性からの受けもよくありません。あくまで平均的な話で、太ってる人でも慕われている人はたくさんいます。しかし、多くの人に慕われたいなら平均体重に近づけたほうが有利です。

健康のためにも標準体重をキープしよう

初対面でいい印象を与えるのは、標準体型です。これを裏付ける、心理学者による実験があります。標準的な体重の男性3人と、100キロオーバーの太めの男性3人それぞれに部屋を借りる交渉をお願いしました。日時を変え、同じ大家さんに一人一人別々に依頼をします。これを10件繰り返しました。

その結果、標準体型の男性は10件すべて交渉成立です。一方太め男性たちは平均5件断れてしまいました。「別の人に決まったから」と嘘をつかれたり、家賃が値上げになったと、遠まわしに拒絶されたのです。実際はすべて空室で、入居者を募集している物件にもかかわらずです。

この実験結果で、太り過ぎた人は初対面でいい評価を受けないとわかります。「当然のこと」と共感する人も多いでしょう。太っている人にはつらいことですが、多くの人に愛されたいなら痩せたほうがいいのです。太りすぎも痩せすぎもよくありませんが、どちらかというと痩せすぎのほうがいい評価をされるのが平均的データです。

ここまでは、行き過ぎた肥満はよくないという話ですが、きもち太めだと話が少し違ってきます。顔がまあるく、おなかも少し出てるだけのような人には、かわいいイメージを持つ人もいます。知覚心理学によると、人は、直線的でとがったものより、ゆるい曲線を見たほうが安心できます。ふっくらした人を見ると、人懐っこさや、近寄りやすさを感じるのです。

また太りすぎた人でも、親しみを感じやすい人はいます。そんな人は例外なく笑顔が得意です。いつも楽しげな表情で、心がオープンな人は体型の問題など簡単に払拭できます。

そうは言っても、太めの人の印象が不利なことは事実です。できるだけ標準体重に近づけたほうが、自然と多くの人に愛されることは間違いありません。健康にも良いですし・・・。