上司に好かれるのは、口より先に行動する部下である

口先ばかりの人間は信頼されません。口ではえらそうなことを言っても、行動が伴わないと、馬鹿にされるだけです。

仕事を円滑に行うには、上司に気に入られることも重要なファクターですが、口先だけで腰の重い人間は決して上司に好かれません。上司に認めてもらう一番の方法は、やはり、行動で見せることです。

できる部下はかわいがられる

たとえば「会社のトイレが汚い」と愚痴るOLがいます。しかし彼女は文句ばかりで実際に何も行動しません。トイレが汚いなら自分で掃除をすればいいのです。それをしないで、ぼやいてばかりでは、好意の持ちようがありません。こんなOLはたいてい周りの評判もよくありません。

誰も見ていないと思うような状況でも、実は見られている場合が多いのです。オフィスにゴミが落ちていたら、見て見ぬふりをしないで、さっと拾って掃除してみましょう。その行動を見ていた誰かが、他の誰かに話してくれます。あなたのいいうわさは、いろいろな人に伝わり、上司の耳にも届くでしょう。あなたに対する上司の評価は当然上がります。

行動は、言葉以上に真実を伝えます。いくら口先で「部長、どんな仕事も僕に任せてください!」と言ったところで、何も言われなくても、雑務をきちんとこなす部下には勝ち目がありません。

ある心理学者が複数の部下と上司のコンビを半年にわたって調査した実験があります。上司に好かれるのはどんな部下かを調査したのです。

その結果、上司が好意を抱き、高く評価したのは、何も言わなくても、お茶を入れてくれたり、掃除や片付けをしてくれる部下でした。行動することで、上司にあなた自身の偽りのない好意を示すことができます。部下の好意を感じた上司は、自然と部下へも好意が芽生えるのです。上司といい関係を築くには、行動して結果を見せるのが一番です。