人は「一緒にいる人」を見てあなたを評価する

ときどき美女と野獣のようなカップルを見かけることがあります。

人は「一緒にいる人」を見てあなたを評価する
「どうしてこんな男性にこんな美人が」という一見不釣合いの恋人たちが世の中にはいるのです。野獣が美女を恋人にできた理由を推測すると「見た目ではない何か素晴らしいを持ってるのかな」と想像できます。周囲からの男性の評価は「美女を彼女にしていること」で高まるのです。

逆もいえます。髪形も整いきっちりネクタイも締めてビシッとスーツを着こなしたビジネスマンがいます。その人一人だけなら、いかにもできるビジネスマンに見られそうな人です。しかし一緒にいる部下たちがよれよれのシャツ、しわしわのスーツ、底がすり減りかかとがつぶれた靴、寝ぐせでボサボサの髪型なら上司の評価も下がります。「あんな部下しかもてないようじゃ、たいした上司じゃないな」と思われるのです。

人は他人を評価するとき、その人が一人だけなら「その人」を見て評価します。その人が他の人一緒なら「その人」と「一緒にいる人」を総合的に見て評価します。

心理学の実験でも、スリムな人が太った人たちを連れていると、スリムな人のスタイルまで悪く評価されるというデータが明らかになっています。一緒にいる人がどんな印象かで、自分の印象まで決まってくるのです。

自分がどれだけ身だしなみに気を使い清潔感に気を配っても、一緒のいる人が不潔ならあなたまで汚らしく見えてしまいます。だからだらしのない部下を抱えたら「俺はきちんとしてるから関係ない」と部下をほったらかしにしてはいけません。きちんとした身なりや礼儀作法を教えないと巻き添えを食らいます。

「ブスを周りに集めれば自分の美人さが際立つ」などと思うのは大きな誤解です。一緒にいる人のレベルで自分自身のレベルは決まります。仲間同士で励まし競いあって向上していきましょう。