人脈を広げたければ相手の欲しがる情報か雑学を提供する

人は目先の利益に敏感です。特に大人になるほど、それは顕著になります。

人脈を広げたければ相手の欲しがる情報か雑学を提供する
社会人になれば学生時代のような友達はなかなかできにくくなります。それは人との付き合いを損得勘定するようになるからです。

だから人脈を広げたければ相手にトクをさせるのが一番有効です。男性が女性の気を惹くのに金品を提供するケースがあります。それもひとつの方法ですが、すべての人にそんなやり方を取っていたら、普通の人は資産がすぐに尽きてしまいます。賢い方法ではありません。

適当な方法は、相手が欲しがっている情報を提供することです。たとえば子供を有名私立小学校へ受験させようとしてる知り合いがいるとします。あなたがたまたま目にした雑誌で受験テクニックに関する記事を見つけたなら、それを知らせてあげるのです。内容をメールで送ってもいいし、記事の切抜きを渡してもいいでしょう。本当に有益な情報であれば感謝の気持ちは計り知れないし、あまり役に立たない情報だったとしても「教えてくれる行為」に好感をもってもらえるでしょう。

欲しがっている情報は人によって異なります。株式投資に役立つ情報を持っていても、株をやっていない人なら興味を示してくれません。英才教育に役立つ知識も子供のいない人にはどうでもいい情報です。小さな子供がいる親に伝えるから有益な情報になるのです。

相手の欲してる情報がわからなかったり、知識を持っていなければ雑学を披露するのもいい手です。人間は知識を得たいという欲求を持っています。雑学のような知っても知らなくてもいい情報を聞くことができれば、人の知識欲は満たされます。そんな話を聞かせることができれば「もっと聞きたい」「この人は面白い」と思わせることができます。人脈作りの第一歩となります。

人間関係を円滑にして、人脈を広げていくにはどんどん情報提供するといいでしょう。積極的に相手にトクをさせると、後々あなたにもいい情報が巡ってきます。