プレゼンの資料は派手にしたほうが説得効果が高まる

ハリウッド映画は日本映画よりもかなり派手です。だからワクワクドキドキ感を味わいたいなら、ハリウッド映画を断然オススメします。

プレゼンの資料は派手にしたほうが説得効果が高まる

映画のトータル的な評価は映像だけでは決まりませんが、見る者に感動を与えるファクターとしては、見た目の美しさ豪快さは、とても重要です。

私たちの私生活や仕事でも同じような考え方ができます。たとえばプレゼンをする場合、地味なプレゼンよりも派手なプレゼンをしたほうが、相手に大きなインパクトを与えられるのです。

見せる資料は白黒でただ文字だけが書き連ねられたものより、イラスト豊富で色鮮やかなものの方が相手を感心させれます。同じ内容の企画書なら、一歩リードできるわけです。

「演出は派手な方なほうが説得効果が高まる」ことを裏づけした実験があります。宝くじの購買意欲を高めるために次の3つのインターネット広告を作りました。

  1. 地味な広告 – 背景が黒で「宝くじを買おう」の文字
  2. 派手な広告 – 背景が空色で「宝くじを買おう」の文字
  3. さらに派手な広告 – 背景が空色で「宝くじを買おう」の文字が点滅。さらに間隔を置いてスポーツカーが横切る演出。

それぞれのページを見せた後「どのくらい宝くじを買いたいと思いますか?」と被験者100人にアンケートをとります。すると「買いたい」「機会があれば買ってもいい」と答えた人数が多かったのは(予想通りでしょうが)「3. さらに派手な広告」を見た場合でした。

虫が光に誘われて寄ってくるように人間も派手なものには心を奪われます。ふらふらと引き寄せられて、つい心を許してしまうのです。もちろんプレゼン資料ならその中身が最重要ですが、見た目で相手の心を動かせば、興味を惹いて交渉がしやすくなることは間違いありません。