無理な依頼もすぐ断らず、一旦アクションを見せると相手は満足する

取引先から「値段をもう少しどうにかできないか?」と言われたり、上司から「このスケジュールでこなして欲しい」と言われた場合など、その依頼がいくら無理難題であっても即答で「無理です」とは言うべきではありません。

無理な依頼もすぐ断らず、一旦アクションを見せると相手は満足する
相手を満足させるには、無理と分かっていても一応はやろうとするアクションを示すといいでしょう。

誰でもすぐに否定されたら不満に感じます。依頼事が困難な内容で、依頼者自身がそれ分かっていても、依頼するからには「もしかしたらいけるかも」というわずか可能性を抱いています。「この人なら何とかしてくれるかも」と期待されているとだってあります。それをあっさり拒絶したら相手を傷つけることになります。

さきほどの「値段をもう少しどうにかならないか?」という依頼なら、無理と分かっていても「上司と相談した上で回答させていただきます」と一旦その場は保留にして、後日やはり無理だったと断れるのが賢明です。結果的に依頼が通らなくても、自分のために相手が努力してくれたという姿勢がわかれば満足できるのです。

上司から「このスケジュールでこなして欲しい」という依頼を受けたら「このスケジュール通りできないか一度検討いたします」「とりあえずやってみます」と告げる。その後、頃合をみて「やはりこの予定では厳しいようです」と回答すれば諦めもつきます。

依頼ごとを何の努力もなしに突っぱねられると「やってもいないくせに」と不信感が募ります。だから、口ではなく行動して無理であることをリアルに伝えるのです。

アクションを起こしたというアピールさえできればいいので、ぶっちゃけると「上司に相談してみます」と伝えても本当に上司に相談する必要はありません。「一度検討します」と伝えても、断ることしか選択肢が無いなら検討する必要はありません。相談したフリ、検討したフリでも通用します。嘘をついてるようで良心が許さないという人は、実際に動いてあげるべきでしょうが。

引き受けられる、引き受けらないは別として、人は自分の頼み事をないがしろにして欲しくないのです。適当にあしらうことなく、「やれることはやった」という事実を作りましょう。そこに相手は喜びを感じます。