仕事でミスをして責められるのが怖いなら、人の3倍働く

努力をしなければ、仕事がうまくいかないのは当たり前です。

仕事でミスをして責められるのが怖いなら、人の3倍働く

苦労もせずに「ダメでした」と上司に報告すれば、「努力が足りないからだ」と責められるでしょう。逆に頑張った事実があれば、期待の成果を出すことができなくても「一生懸命やった結果だからしょうがない」と許してもらえます。

明らかに頑張っている人に「もっと頑張れ」とは言えないものです。努力する姿を周りにアピールできる人は、仕事がうまく運ばなかったときも、許してもらえる可能性がぐっと高まります。だから、仕事のことで責められたくないなら人の3倍働くのがオススメします。

周りの人より3倍も多く働いていたら、はっきりと「あいつは頑張ってる」と思われます。「3倍は無理だ」と思うでしょうか?単純計算したところで、今の2倍のスピードで仕事をこなして、休日返上、残業時間を増やせば3倍はいけそうです。「倍のスピードで仕事をこなす」なんてできないですか?だったら3倍くらい働いている「フリ」がいいでしょう。

朝一番早く出勤している人がいたら、その人より早く出勤する。夜は一番遅くまで残業して、最後に帰る。それを続けるだけで、一番頑張ってる人のイメージを社内の人たちに植えつけられます。もちろん自分のデスクでボーっとしててはダメです。パソコンを開いて、仕事をしながら会社の人たちを迎え入れたり、見送ったりしましょう。仕事が無ければ仕事のフリで働いているアピールをします。

勤務時間中も、私語は控えめです。ムダ話は自分が思う以上に、周りの人にサボっているという印象を与えます。仕事と関係ない話をするなら、こっそりインターネットをしているほうがだいぶマシです。

仕事でミスをして責められるのが怖いなら、人の3倍頑張っているフリをしましょう。そうすれば、もし失敗しても許してもらいやすくなります。